研修講師派遣や講演会講師依頼はトレーナーズへ

一生続ける3つの秘訣

アチーブメント株式会社 代表取締役社長 青木仁志が、11万部突破のベストセラーシリーズ、『一生折れない自信のつくり方』『一生折れない自信のつくり方 実践編』から約7か月の時を経て、32作目の著書『一生続ける技術』を発表。『頂点への道』講座スタンダードコース20周年という自らの記録更新にも花を添える、“続けてきた”青木だからこそ伝えられる渾身のメッセージにこめられた思いとは?

理想の自分になるために欠かせないのは“続けること”

おかげさまでこの度、『一生続ける技術』を発表させていただく運びとなりました。
シリーズで11万部を突破した『一生折れない自信のつくり方』に次ぐ、32作目の著作です。なぜ今、『一生続ける技術』を上梓したのか。それには理由があります。私は能力開発トレーナーとして、すべての人に「自分はできる」という前向きで積極的な心を持って生きることの大切さを伝えたいと思い、『一生折れない自信のつくり方』と、さらに学びを深めていただくために『一生折れない自信のつくり方 実践編』を執筆しました。アール・ナイチンゲールが言うように、人間は、その人が考えているとおりの人間になるものです。トレーナーとして延べ26万名以上の方々の研修に携わってくるなかで、この言葉の持つ真実性を日々実感しています。しかし、ただ思い描くだけで、一足飛びに理想の人物になることはできません。そこには理想の人物になるための計画や行動リストが必要です。しかし、ここで多くの人にとって障壁となってくるのが、自ら決めた行動を〝続けること〟なのです。

理想の自分になるために欠かせないのは“続けること”

私は20年の長きに亘って、『頂点への道』という研修を通じ、よい習慣形成の大切さをお伝えしていますが、一般に、続けることがなかなかできない人が多いと思います。そのために設計したのが、3年間で6回の再受講システムでした。何事もはじめは基礎や基本をくり返して型を身につけますが、基礎や基本というのは単調なものです。しかし、その単調で退屈な作業を乗り越えてこそ、クリエイティブな作業に取り組むことができます。物事を成し遂げられるということは、続けた結果なのです。
例えば、虫眼鏡で太陽エネルギーを集中させて火をおこすとします。発火するには、ある一定の時間が必要なものですよね。私自身のことで言うと、『頂点への道』講座スタンダードコースを開講から一回も休むことなく連続開催してきました。今年で20周年を迎えます。昨年は連続開催500回を記念して、1000名の方を前にお話しさせていただくことができました。1000名もの方に集まっていただき、無事に開催することができたのも、私が能力開発トレーナーとして延べ26万名の方々に関わり、20年もの間、みなさんから支持を受け、講座を開催してくることができた結果です。
〝続けること〟で社会的に信頼を積み重ね、ここまでくることができたと言えるでしょう。